我が家の田んぼ

「我が家の田んぼ(借り物)」
ヤマアカガエルの上陸開始を待っての荒代掻きなので・・・これが現状。
1枚目はクレソンとセリがそれはもう大賑わい。

2枚目は育苗ハウスから移動を始めた稲苗のためにすこしだけ耕うん済み。


この田んぼ、もちろん人間のためにお米も作ります。農法は稲葉先生直伝+と言うか手抜き農法。収量?1年分はできます。別に商売用ではないので・・・これ以上の投資はしませーーん。
そして、お米以外に育てているのが「田んぼの生きもの(食べて食べられ両方)」この時期にハッキリ目に見える一番数が多い動く生きものがヤマアカガエル。これが軸となり・・・この時期にはすでに蛇とタヌキ、鳥たちがやってきて・・・さらにいろんな種類のカエルもわさわさいます。
小さな水生生物もチラチラ見え始めて、ミジンコなども出始めています。*植物が多すぎて見えないのも事実。
浮草も増え始めており、藻類も見え始めています。
荒代掻き後にはこれらのうちいくつかが爆発的に増えて、この平和そうな湿原の様相が田んぼに変わります。
お米も大事ですが・・わたしにとっては商売道具である「田んぼの生きもの観察会」の現地実習園としての役目のほうが大事かも。
確かに農地は人の手がたくさん入る場所です。そういう意味では「自然ではない」でしょう。けれども長くそこにあって、生態系の一部となっている場合は・・・なくなると地域の生態系を損なう可能性があります。休耕して山に戻せばいい、原野がいいという主張の一部には反対しませんが・・・やはり農地は残すべきと思います。特にここの場合は、この沢筋の田んぼの中で、ヤマアカガエルの産卵ができるところがここだけなのでね。

「我が家の田んぼ(借り物)」ヤマアカガエルの上陸開始を待っての荒代掻きなので・・・これが現状。1枚目はクレソンとセリがそれはもう大賑わい。2枚目は育苗ハウスから移動を始めた稲苗のためにすこしだけ耕うん済み。この田んぼ、もちろん人間のた…

谷川 徹さんの投稿 2020年5月25日月曜日

高知×SDGsは無事終了しました

高知×SDGsは50名前後の参加をいただき無事終了しました

めでたく春を迎えることができました。あけましておめでとうございます といってもほとんど通じませんがね。そして普通にお仕事をしています。*昨日開催したSDG s ×高知は50名前後の参加をいただき、無事終了しました。追ってご報告いたします。

谷川 徹さんの投稿 2019年2月4日月曜日

地域づくりとSDGs―企業とNPOの協働から考えよう―無事終了しました

「地域づくりとSDGs―企業とNPOの協働から考えよう―」を11月30日に開催しました。

今後の社会の未来を考える上での指針となるSDGsについて、今回は基礎的なお話と企業(流通・サービス・製造)分野からの話題提供をいただきました。
企業・行政・政治・主婦・1次産業・NPOなどと実に多様な方が集まり、予定数を越える参加人数となりました。
これはSDGsへの関心の高さと、企業(営利団体)の取り組みを知りたいという人が、一定量高知にもおられることをあらわしていると感じます。
SDGs(正確に言うならアジェンダ2030ですが)は社会すべての課題を扱い、横断型で連携を求められています。やっとそういう時代が来たのかと感慨深いですね。
今後四国生物多様性ネットワークとこうちNPOフォーラムのメンバーでSDGsに関心のある県内の企業・各種団体にお声掛けして、高知県内でのSDGsコミュニティネットワークを作る準備作業を始めようというあたりで合意しました。
個性的であり連携が苦手な(これは多くの方から指摘を受けています)高知で果たしてうまく機能するか・・・ですが、そこは多様な参加者からの知恵もいただき、まずは動き出そうと思います。
ご関心のある方は組織個人を問いませんのでひとまずは谷川までお声掛けください。
*1月から2月中旬までの間に準備会合を行います。
*告知に関しては当面はSNS等を活用するかと思います。

谷川 徹

田んぼで遊ぼう!―にっぽんの里遊び入門

2010年に共著で出した「田んぼで遊ぼう!」

これ1冊で田んぼを舞台に遊ぶこともできます。学ぶこともできます!
定価1400円+消費税です。

1冊~2冊でしたら、送料は郵便受けに投函のお届けにて200円です。

クリックポスト(郵便受けへの投函にてお届け)の場合、送料をサービス、本体価格+消費税のみでお届けいたします。
しかも、「お楽しみおまけつき!」

ご購入ページは、めいちゃんとみちくさWEBショップとなります。
リンク先はこちら

3冊以上の場合の送料は、お届け先のご住所と冊数で変わりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
今後観察会等々でお会いする方はあらかじめお声掛けくださいね。忘れずに持参するようにします。
見てから判断していただいても、もちろんかまいません。入門編としてはかなりぜいたくに作ってます!!

田んぼで遊ぼう!―にっぽんの里遊び入門

里と生きものネットワーク編

週末は田んぼに行こう、農家の仕事を知ろう、生きものの多様性を知ろう。

  • 単行本: 114ページ
  • 出版社: 地球丸 (2010/06)
  • ISBN-10: 4860672704
  • ISBN-13: 978-4860672706
  • 発売日: 2010/06
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.4 x 0.8 cm