自家採種の「壁」。8月22日FB投稿より。

10612714_743127435735293_832579466841222650_n

たねとりを初めて数年経つとそれなりにコツが見えてきます。
同時にいろんな壁も見えます。その壁は高いものや低いもの、あるいは多分越えられないものまで多種多様です。
まず最初にぶつかるのは「乾燥」「虫害」です。これは赤豌豆が虫に食われたものですね。小豆につく虫とは少し違いますが、食痕は似てますね。
もう一つのカビはまあ見た目もアレなので・・載せません
そろそろ自家採取の技術的なワークショップも必要かな・・と感じ始めています。
たねとり交換会でも虫・とカビはちらほら・・・なので。
ただし本格的に開催するなら・・選抜や施肥方法も必要だし、種類も多いので・・・。このたねとりはある一部分を抜き出してそこだけ講習会というのが難しいのですね。有機での自家採取をしている講師も県内では・・・うーん。
やるならどうしても有名な方になりますし・・そうなると・・・予算が・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − six =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください